旭川美術館へ

 先日旭川美術館で開催されている「フランス近代絵画と珠玉のラリック展」に足を運びました。

 画才・絵心まるでなしの私でも十分承知している、19世紀半ばから20世紀初めのフランスの美術界で活躍していたルノワール・ドガ・ミレー・ユトリロ・藤田嗣治等の作品が展示されていました。
 比較的空いている時間帯であったため、ゆっくりと心置きなく鑑賞することができ、雑事を忘れる夢のような一時でした。

 春先には札幌のブリヂストン美術館展でモネ・セザンヌ・ゴッホ・マネの作品にも触れることができ、絵の持つパワーと癒やしを感じ取ってまいりました。
 心を解放できる時間は大切ですね。
 
f0118184_11370013.jpg


[PR]

by ryu-hoken | 2018-08-24 11:39 | メルマガ風に