<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

マイ シュレッダー

 3月も下旬のこの時期に、昨日は吹雪、雪が溶けるどころか、また積もっています。

 春休みの間、自分のペースでゆったりと仕事を進めています。様々な書類を始末する際、裁断を要する物も多々あります。

 職員室にも大型のシュレッダーが設置されています。ところがマーフィーの法則?ではありませんが、ほんの数枚裁断しただけで、容量オーバーとなり、紙くずを片付けなければならない不運に見舞われる事が・・・・・。
 
 ビニール袋を交換し、散らばった紙片をさっと掃き取るだけなのですが、急いでいる時に限ってその場に行き当たり、気がせいてしまうのです。

 そこで小型ではありますが「マイ シュレッダー」を保健室に持ち込み、せっせと整理中です。
 もちろん、乾燥中のモップ糸のお世話も怠りなく実行中です。f0118184_12384190.jpg
[PR]
by ryu-hoken | 2012-03-27 12:39 | 保健室の仕事って

春休み

 ようやく春の気配を感じられていたのに、雪が降り冬へ戻ってしまったようです。

 今日から春休みですが、部活動に、講習にと多くの生徒が登校しています。職員室も皆、忙しそうに動き回っています。普段よりカジュアルな装いが、新鮮です。

 一昨日の大掃除、その後各クラスの掃除用具を一旦回収し、整理をして新年度のクラスに配布する準備中です。生乾きのモップ糸が、なんとも芳しい臭いを発散しています。
[PR]
by ryu-hoken | 2012-03-23 17:59 | 保健室の仕事って

終業式

 23年度が終了しました。時が経つのを早く感じるのは、自分が年を重ねたからなのでしょうか?

 色々な事がありました。保護者の方々のご協力を得、生徒の笑顔に救われ、同僚達のさりげないサポート・思いやりで助けてもらい、1年を無事終えることができました。ありがとうございます。

 年明けには、遅れてやってきたインフルエンザの猛威に閉口しましたが、昨日をもって、罹患者が「0」となりました。

 
f0118184_11325649.jpg
 明日からは、張り詰めていた気が抜けて、風邪などひかないよう注意し、頭を新年度モードに切り替え、準備に当たります。
[PR]
by ryu-hoken | 2012-03-22 11:34 | 保健室の仕事って

大震災

 ここ数日は昨年の大震災を検証するテレビ番組や、新聞記事の特集が組まれ、様々な事を考えました。昨日2時46分には、日本のみでなく、世界各地で黙祷・祈りを捧げる人々がいた事でしょう。

 申し訳ないことですが、非日常として「震災」を思い出す私たち。(決して他人事ではないはずなのに)

 「震災」の上で日常生活が営まれている皆さん。未だに行方不明の方達、取り残されている瓦礫の山、厳しい避難所での不自由な生活。まだまだ終わっていない厳しい現実を目の当たりにしました。

 むしろこれからが本当の試練なのかもしれません。

 西本願寺より「一周忌法要」に向けてパネル展実施、支援金募集の依頼があり、今月の報恩感謝の日に支援金を募ることになりました。気持をこめて・・・・ 合掌
[PR]
by ryu-hoken | 2012-03-12 15:42 | メルマガ風に

さりげない優しさ

f0118184_11502873.jpg 新年度に向け、保健室にも様々な書類や購入した物品が届きます。

 昨日は重いワックス缶に手洗い用の石鹸、1000枚入りのゴミ袋。特にゴミ袋はかなりの重量があり、玄関から2階の保健室まで運びこむのは大変です。
 
 昨日の業者さんは快く搬入してくださり、大変助かりました。

 事務局のFさんとの会話中、この話題になりました。彼女が玄関で重い荷物と格闘していると、男子生徒がさりげなく近寄ってきて「この荷物、どこに運べばいいんですか?」と手伝ってくれる事があるらしいのです。

 力んでお手伝いを・・・というではなく、たまたま通りかかったから、「さりげなく行動を起こせる」なんとも爽やかで、素敵な生徒がたくさんいるんですよね。

 私もまた先程、助けてもらいました。1学年に配布する資料が重く、悪戦苦闘中、二人の仲間がチャッチャと手分けして、パッパと配布、あっという間に完了です。ありがとうございました。

 私のこの「細腕」1人では無理だったかも??????
[PR]
by ryu-hoken | 2012-03-09 11:53 | 保健室の仕事って

インフルエンザその後

 インフルエンザの状況も幾分落着いてきました。しかし、散発的にはまだ発症もみとめられ、学校医にも色々とご指導いただいています。

 臨床現場での状況を伺うと、今の流行はA型・B型が混在しているため、どちらにも罹患する事もありえるし、「型」が変異をしているために、同じ型であっても再罹患する危険性もあるそうです。
 またインフルエンザの最も特徴のある「発熱」症状が出現しない場合もあり、倦怠感・関節痛という症状があれば、早めの受診が望ましいとのお話でした。

f0118184_16195073.jpg

 まだまだ予断を許さない状況です。
[PR]
by ryu-hoken | 2012-03-08 16:20 | 保健室の仕事って

インフルエンザ

 小・中学校では随分前から、インフルエンザの猛威が伝えられていました。他校との情報交換でも、高校生の発症が少ないと言われていましたし、本校でもそんな状態が続いていました。

 油断していた訳ではないのですが、1年生総合コースを中心に、あっという間に感染が拡がってしまいました。養護教諭として残念ですし、自分の不甲斐のなさを痛感しています。

 インフルエンザの対応に追われているうちに、卒業式も終わり期末試験が始まりました。

 ここで自分がインフルエンザに罹っては、目も当てられません。気合いを込めています。(なんと非科学的な・・・・、気合いで防げるのでしょうか?)

 まずは基本に立ち返って、予防に努め、これ以上の蔓延をなんとしても、止めなければ!!!
f0118184_1633498.jpg

[PR]
by ryu-hoken | 2012-03-05 16:33 | 保健室の仕事って