<   2010年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

暑さ一段と

 8月も終わりなのに、この暑さ。室内はエアコンで快適ですが、廊下は熱風トンネルのようです。

 弟の友人が1週間ほど滞在していました。今日の昼に東京へ帰りましたが、あちらの最高気温を見て「嫌だ、帰りたくない。」とぼやいていました。

 確かに北海道は、日中はうだるようでも、夜になると涼しくなります。夜はぐっすり眠れ、疲れは取れたのではないでしょうか?

 明日から前期期末試験が始まります。
 ガ ン バ レ!!!!
[PR]
by ryu-hoken | 2010-08-30 15:16 | メルマガ風に

長かった1週間

「先生、学校って疲れるよね。」シミジミ生徒が言ってました。

 夏休みの間、自分のペースに合わせて、ゆったり・のんびり過ごしてきた子供達が、学校に戻ってきたものの、頭も体もそう簡単には馴染めないようです。

 
f0118184_15543246.jpg
 来週火曜日からは前期期末試験。猛暑疲れもあるでしょうが、頑張りましょうね。
[PR]
by ryu-hoken | 2010-08-27 15:55 | メルマガ風に

人の命の尊さ、儚さ

 お盆時期、お墓参りをし、亡くなった祖父母や父といつもよりじっくりと話ができたように思えました。時間が経って、その「死」をようやく受け入れることができるようになったからでしょうか?

 お盆が過ぎ、水の事故で知人が亡くなった事をニュースで知り、大変驚きました。

 また一昨日のゲリラ豪雨で、近隣の温泉で道が陥没し、犠牲者が出たと聞きました。亡くなられた方の無念と、一瞬にして、大切な人を失ったご家族の事を思うと、心が痛みます。

  生きている、生かしていただいている「命」を大切にしなければ・・・・・
[PR]
by ryu-hoken | 2010-08-25 14:56 | メルマガ風に

全校集会

 長くて暑かった夏休みも終了し、今日から授業が開始されました。漸く宿題を完成させ提出させたところで、すぐに前期期末試験が始まります。みんな気合いをいれて、頑張りましょう。


 20日は打合せの前に、職員の健康診断を行ないました。身長・体重・視力・血圧・心電図・血液検査・医師の問診に胃のバリウム検査。結果は2週間後に送付されてきます。

 何が気になるかと言いますともちろん「体重」。健診を受けて結果待ちで胃が痛くなるようでは、本末転倒も甚だしいですよね。f0118184_14542939.jpg
[PR]
by ryu-hoken | 2010-08-23 14:55 | メルマガ風に

熱中症

 「暑いですね。」が挨拶代わりの毎日。最高気温を見る度に、溜め息が出ます。

 本州では40度近い気温。考えられませんね。

 我が家の母もお盆休みに「めまい、吐き気」と体調を崩し、救急当番医を受診しました。熱中症の初期症状でした。水分補給等、十分注意していたつもりなんですが、恐ろしいと身をもって体験しました。

 
f0118184_1248452.jpg
 病院は熱中症や夏風邪でぐったりした人などで重苦しい雰囲気。まだまだ油断大敵ですね。
[PR]
by ryu-hoken | 2010-08-19 12:49 | メルマガ風に

異常気象

 日本中が蒸し風呂に入っているような、毎日。高温・多湿、体調管理が難しい毎日です。

 のどが渇いたと思った時では、既に遅いので、こまめに水分補給をするよう、専門家が繰り返し力説しています。

 蒸し暑い体育館や、戸外での部活動を行なっている生徒達は、大丈夫でしょうか?

 この炎天下、外で作業をしている家族は、日に何度も着替えなければ、汗で作業着が重くなるほどです。
 
 ニュースを見ていると、国内だけの問題ではなく、世界的な規模での異常気象。一体に何が起こっているのか、不安です・・・・。
[PR]
by ryu-hoken | 2010-08-09 18:33 | メルマガ風に

講演会

 31日土曜日、本校父母の会主催の講演会に行って来ました。「子どもたちを取り巻くネット環境」というテーマで全国webカウンセリング協議会ネットいじめ対応アドバイザー、市立札幌大通高校教諭「大和剛彦」先生のお話を1時間半拝聴しました。

 仕事でPCをやっと使い、ブログの更新をヨチヨチ行なっている私には、衝撃的なお話がたくさんありました。便利な世の中になり、様々な恩恵を受けられるようになった反面、注意して取り扱わなければ、常に危険は身近にあるようです。

 大人の努力なしでは、問題は解決しない、各自が家庭や地域社会、学校で今日学んだ事を一人でも多くの方に伝えて下さいと、話されていました。

 軽い気持で個人情報を書き込んだ事から、思わぬ事件に巻き込まれたり、被害をこうむる事も多々あるようです。PCの画面上だけと認識しても、ネットで世界中に繋がっていると思うと、ある意味恐ろしいとさえ感じました。

 また携帯やゲーム依存症等のように使いこなすべき道具に振り回される事のないよう、しっかりとしたルールの下、子ども達に携帯電話を与える事が必要のようです。
f0118184_147315.jpg
[PR]
by ryu-hoken | 2010-08-02 14:10 | メルマガ風に