研究会のまとめ

 19日の研究会の礼状発送並びにまとめをするために、講演のテープを聞き直しました。小樽保健所長 秋野先生のお話は歯切れ良く、具体的であり、大胆でなおかつ繊細でした。

 生徒への性教育についての講演でしたが、これまでの自分の生き方、これからどのように人生を重ねていくべきなのか、生と性を問われるような内容でした。

 少し前まで、全く未知の方から、このように影響を受ける・・・・。2年間の事務局は大変な事も多かったですが、ここからのご縁で拡がった、人とのつながり大切にしたいと思っています。
[PR]
by ryu-hoken | 2009-11-24 19:02 | 一日が終わり

中間試験終了

 4日間にわたる中間試験も今日で終了。明日からの3連休、保健室のお掃除当番の生徒達も飛ぶように帰っていきました。

 「ご苦労さん、気をつけてね。」そのあとに「試験終わったからって、羽目外さないようにね。」と言うと「大丈夫!!。さようなら」既に駆け出していました。

 しかし、昨日の研究会が無事終了して、ほっとして気が緩んでしまった、自分が一番気をつけなければならないかもしれません。
[PR]
by ryu-hoken | 2009-11-20 14:08 | メルマガ風に

性教育研究会終了

 やったー!!! 無事研究会を終えることができました。昨夜から路面がツルツルとなり、遠くから車で来られる方々が多いため、心配をしていました。皆さん、お揃いになり一安心。

 役員会・総会・研究協議・講演と大変有意義な一日でした。実践発表をして下さった、旭川南高校のお二人の先生。小樽保健所長の秋野先生のご講演。色々な意味で刺激を受けました。

 仲間に助けてもらいながら、多くのことを学ばせたもらった2年間の事務局でした。

 今後は研究会のまとめをし、時期事務局校への引継ぎの準備です。前事務局の名寄高校の先生が大変丁寧な引継ぎをして下さり、とても助かりました。今度は私の番です。
[PR]
by ryu-hoken | 2009-11-19 18:18 | 保健室の仕事って

後期期末試験

 今日から、後期の中間試験が始まりました。校内は緊張感が漲っています。インフルエンザも今のところは小康状態で一安心ではあります。

 しかし、私は別な意味で緊張しています。19日(木)に控えた、管内の性教育研究会に三十数名の会員の方を迎える準備をしているためです。富良野地区や音威子府から見える方もおり、吹雪かないように・・・・。

 2年女子生徒が腹痛のため、保健室受験中です。もう少しだよ。頑張れ!!!
[PR]
by ryu-hoken | 2009-11-17 10:28 | メルマガ風に

合格おめでとう

 看護学校・病院受験のために、小論文指導を行っていた2名の生徒が無事合格しました。おめでとう。

 ここ数年、新聞もあまり読まない、テレビのニュースも見ないという生徒が増えたように思えます。テーマに沿った論文を書く前に、そのテーマについて深く掘り下げるような話し合いが必要になっています。何か取っ掛かりが見つかれば、書きやすいようですが、なかなか・・・・。

 読んでいただく立場として、まずは字を丁寧に、誤字脱字に注意。そこから本文・内容にはいっていきます。

 f0118184_1651958.jpg二人にはかなりきつい事も言いましたが、めげることなく熱心に取り組み、面接も無事クリアして、看護師へのスタートラインに立つことができました。

 しかし、これからが本当の意味での「勉強」が始まります。
 頑張れ!!!!
[PR]
by ryu-hoken | 2009-11-12 16:12 | 保健室の仕事って

11月11日介護の日

 「1」と言う数字が四つも並んだ今日は、介護の日。「いい日、いい日、毎日、あったか介護ありがとう」 

 誰もが年を重ねる事によって、体の自由が利かなくなる事もあるでしょう。また、思いもよらぬ事故や病気で、日常生活に支障をきたす事もあるやもしれません。「介護」に無関心ではいられません。

 心と体のサポート。尊厳を傷つけることのない対応。難しい問題だと思います。

 f0118184_17215692.jpg母や家族と祖父母・父を介護し最期を看取った経験からは、病院・施設の考え方や、家族や親戚の協力、職場の理解があったからこそ、後悔のない介護ができたように思います。
[PR]
by ryu-hoken | 2009-11-11 17:22 | メルマガ風に

性教育研究会

 昨年度に続き、上川管内の性教育研究会の事務局校として19日の研究会に向けて、準備中です。

 文書一つ作るにも、あたふた。Y先生にSOSサインを出し、教えてもらったり、保健室に検温にきている子に「ねぇねぇ、これどうやったらいいの?」と助けてもらったり。本当に困った時に、力を貸してもらうのがどんなにありがたいことか、身に沁みて感じ入っています。

 
f0118184_196297.jpg
今の時代にPCが不得意などど言ってはいられないのですが・・・・、やっぱり肩は凝るし、目はしょぼしょぼです。
[PR]
by ryu-hoken | 2009-11-10 19:06 | 保健室の仕事って

ユニセフのポスター

  廊下に貼られているユニセフのポスターを、毎朝何気なく見ていました。「一度も誕生日をむかえられない子供達が600万人」切ないなぁ~、可愛そうに・・・その場では心に痛みを感じつつも、日常に紛れてすぐに忘れていました。

 しかし今回ぺこを亡くして、悲しさや淋しさを未だに抱えて、心が定まらず、うろうろしている自分にとって、そのポスターは衝撃的でした。つぶらない瞳の赤ちゃんの訴えが直に伝わってきたように思います。

 もちろんペットの犬と、人間の命を較べているいるわけではありません。今のつらさから逃げることなく、正面から受け止める事によって、周囲の出来事に対して、真摯にフェア―に向き合っていけたらと考えられるようになりました。

 7日、家族皆でぺこが眠っているお墓に行き、少しづつ、気持の整理をつけようとしています。
[PR]
by ryu-hoken | 2009-11-09 15:01 | メルマガ風に

ペットロス

今朝も、ぺこの写真に「お仕事行って来るから、お留守番お願いね」と話し掛け、家を出てきました。10日程前に、16年近く一緒に暮らしていた愛犬(ぺこ)が亡くなりました。

 恥ずかしいのですが、未だに喪失感と悲しみで、ボーッとした状態が続いています。ペットを飼われていない方達にとっては、きっと、何をグズグズと思われる事でしょうね。
 ソファーの陰や、食卓テーブルの下に寝ているような気がして「ぺこ・・・」と話し掛けてしまいます。

 亡くなる1週間前から、呼吸が浅く、速くなり、とても苦しそうでした。水分を少し摂るだけで、大好きだったジャーキーもアイスも口にしなくなりました。夜中に何度も用足しのために、外へ出て、冷たい空気をくんくんと嗅いで一休み。帰りは力尽きて、抱きかかえて家に戻りました。
 見ているこちらがつらくなるほどでしたが、最期まで自分の力でで歩き、家の中を汚す事もなく、きれいなまま逝ってしまいました。

  f0118184_16395144.jpgわがままなために、振り回され、困らせられましたが、その何倍もの喜びと、幸せを与えてもらいました。
 
 時間が癒してくれるのでしょうか?
[PR]
by ryu-hoken | 2009-11-06 16:43 | メルマガ風に

2学年お帰りなさい

 10月29日に見学旅行団が無事帰ってきました。その後振替休日が続き、今日から登校。引率の教員も出勤し、学校が活気を取り戻しました。急激な天候の差で風邪をひかなければいいのですが。

  がらんとしていた職員室も、賑やかになり、暖かさを感じます。

  窓の外の雪は、昨夜の雨で溶けだし、道は随分と汚くなっています。嫌な天気に気が重くなっています。
[PR]
by ryu-hoken | 2009-11-04 09:32 | メルマガ風に