怪しい・・・

f0118184_11431050.jpg
 数日前から全身の筋肉の凝りを感じていました。体が重だるくなんだか嫌な感じ・・・と思っていました。3週間前にインフルエンザの予防接種も受け、うがい・手洗いには十分気をつかっていたつもりです。なのに昨日からのどの痛みと発熱、背中の筋肉の異常な痛さが出てきました。「やられたか!!!」そんな気持ちです。
 母の入院・手術で病院へ行く事が日課になっていましたし、普段家事で手抜きしていた分、ふりかかってきましたので、心身共に疲れていたからでしょうか?背中には「携帯カイロ」を背負い、生徒にうつさないよう、早く治そうと思っています。
[PR]
by ryu-hoken | 2007-11-29 11:45 | メルマガ風に

寂しい保健室

 先週末で教育実習が終わりました。3週間一緒に濃密な時間を過ごしたN先生がいない保健室は広く感じられます。朝から何人かの生徒が来室し、「あれー、あの先生もういないの?お別れの挨拶できなかった。」と悔やんでいました。
 今朝はあんなに積もっていた雪も解け、路面状態は最悪です。慣れてるとは言え、この状態での通学は大変です。皆さん転倒には気をつけましょうね。f0118184_1120983.jpg
[PR]
by ryu-hoken | 2007-11-26 11:23 | メルマガ風に

教育実習終了

 3週間に渡っての教育実習が今日で終了です。お疲れ様でした。研究会や私用のお休みで学校を空ける事があり、N先生には申し訳なかったと思っています。保健室では生徒との触れ合いの中、今時の高校生の実態を感じ取ってくれたと思います。先ほど保健の授業を行なったクラスの生徒から色紙(寄せ書き)をもらい、とても嬉しそうな様子でしたね。
 保健室で何をどのように、教え導く事ができるのか? どうやって生徒の気持ちを汲み取る事ができるのか?これは終わりのない課題かもしれません。しかし生徒に助けられ、救われ仕事を続けられる事も事実です。
 養護教諭って直接生徒の命・健康を与る責任の重い仕事です。それだけにやりがいもあります。また同じ養護教諭として会える事を楽しみにしています。
 N先生がんばって下さいね。生徒共々応援しています。
 f0118184_13241341.jpg
[PR]
by ryu-hoken | 2007-11-22 13:32 | メルマガ風に

母の入院・手術

 私事ですが、母親が入院し昨日手術を受けました。命に関わるような病気ではなかったのは幸いでしたが、手術となると心配でした。主治医から無事終了の説明を受け、一安心しましたが、血圧が低い事と、熱が高いのが気になります。健康のつもり?でいる時は病院は、縁遠い別世界のような気がしますが、一旦その中に入ると日常の生活の時間の流れから、取り残された気がします。
f0118184_12561867.jpg

 看護師の方の優しい看護・気配りに患者本人はもちろん、付き添っている家族も救われる事を感じました。保健室での自分の言動は???? 気をつけましょう。
 横になって休んでいる母を見て、20年後の自分を想像してしまいました。
 キャ~~~~。
[PR]
by ryu-hoken | 2007-11-21 12:58 | メルマガ風に

研究授業

 今日は教育実習のN先生の公開研究授業が行われました。落着いた語り口で、堂々と生徒に向き合っていました。毎日保健室実習の後、遅くまで教材研究を続けていました。その真摯な実習態度に、教育への情熱、生徒への愛情を感じ取りました。私自身あらためて、この仕事の醍醐味を彼女を通して追体験できた事に感謝しています。f0118184_1546039.jpg 
 今夜から少し睡眠時間を増やせるのではないでしょうか? あと1週間の実習、体調を崩すことなく頑張って下さい。
[PR]
by ryu-hoken | 2007-11-15 15:54 | メルマガ風に

保健室って

  先日文部科学省の保健室の利用の理由結果が、報告されていました。10年前の結果と比較して「主に心に関する問題」が小・中・高共に、3倍~4倍にも増加していました。その時代の社会情勢や児童生徒の置かれている環境等によって、保健室(養護教諭)に求められることも変化しています。f0118184_11415472.jpg
 最近特に感じるのは、人間関係をうまく取り結べない子が多い事です。他人との距離感が保てなかったり、友人のちょっとした一言で自分の全人格を否定されたようにショックを受けてしまう。繊細で傷つきやすい反面、ある限界を超えてしまうと、逆に攻撃的になってしまう。揺れ動く多感なこの年頃を、うまく乗り切ってもらいたいと思います。
 大学時代の恩師は「養護教諭の仕事は子供達に生きぬく力を与える事」と力説していました。
 振り返って、大人の世界はどうなんでしょう? 円滑な人間関係を築く事は難しい事かもしれません。しかし、困ったり迷った時助けてくれるのも周囲にいる人々なんですよね。
[PR]
by ryu-hoken | 2007-11-14 12:02 | 保健室の仕事って

教育相談研究会

  9日金曜日は、上川管内の高校の教育相談研究会が開催され、出席してきました。今年は「特別支援教育」元年と言われ、障害等をもつ児童・生徒に対して特別な支援を行うように文科省から通知が出されました。
f0118184_13174555.jpg

 特に今回の研究会は、LD(学習障害)ADHD(注意欠陥多動性障害)高機能自閉症等の生徒への対応について、教育大旭川校の安達先生の講演を拝聴しました。障害があった場合の具体的な問題や困難なことを実感させられました。またかつては親の養育態度に問題があるなどと誤った情報が一人歩きして、親子共につらいおもいをされた方々の苦悩も感じました。教育の現場においては、各自の診断の有無ではなく、「本人の学習・生活面での困難な点に目を向け、その上で適切な指導・支援が必要である」という大きな課題を持ち帰った1日でした。
[PR]
by ryu-hoken | 2007-11-12 13:23 | 保健室の仕事って

立冬

 暦では今日が立冬、これから益々寒さが予想されます。雪はまだのようですが、日暮れも早くなり、なぜか心細い時期です。暖房器具を使い、空気が乾燥し始めると、風邪やインフルエンザが流行し始めます。ここ数年は流行の時期が遅れていたため、今年もずれ込むのかと思いきやもうこの時期に、流行の兆しが見え始めました。
 昨日私も本校の運動部、3年特進の生徒達と一緒に予防接種を受けました。さらにうがい、手洗い、休養とこの冬を乗り切れるよう、気をつけたいと思います。皆さんも十分気をつけて下さい。
f0118184_16135768.jpg

[PR]
by ryu-hoken | 2007-11-08 16:17 | メルマガ風に

 今日から、2学年が戻り学校全体が賑やかに、活気を帯びてきました。その分保健室も大繁盛?で来室者や休養者も多くなりました。今日から若くて素敵なN先生が実習生として、保健室に1日詰めていてくれたので、顔を見にやって来る子もいたようです。「先生、もう引退だね・・・。」と3年男子に指摘されました。申し訳ないのですが、当分お世話になりますから、よろしくね。
 中国のお土産、私の名前と「愛」と書かれた鈴付のキーホルダー。大切にします。Aちゃんありがとうね。
[PR]
by ryu-hoken | 2007-11-05 17:27 | メルマガ風に

教育実習

f0118184_1165541.jpg 来週5日から、3週間の予定で、卒業生のNさんが実習生として保健室に配属されます。
 私自身初めての経験で異常に緊張しています。自分の過去を振り返ってみますと、小学校で5週間、中学校で2週間、その他病院での4週間実習がありました。大学でのんびり?学んでいた事と、現場の緊迫した毎日のギャップにまず驚きました。多くの諸先輩の指導のお陰で、どうにかやり終える事ができたと今更ながら、感謝しています。
 今度はご恩返しの番。充実した実習になるよう、頭を絞っています。また日々の執務の再確認をしながら、この仕事の素晴らしさ、難しさを初心に帰って考え直してみたいと思います。
[PR]
by ryu-hoken | 2007-11-02 11:08 | 保健室の仕事って