鬼の霍乱

18日の野球全校応援は暑さの中、選手も精一杯頑張り、全校生徒も声を限りに応援しましたが、残念な結果となりました。汗と涙で顔を濡らしていたチアリーダーの子が印象的でした。翌日から4日間は振替休日を含めたお休みでした。23日が全校集会で翌24日から生徒達は待ちに待った夏休みです。その大切な23日情けないことに夜中から、めまい・嘔吐・激しい腹痛で起き上がれなくなり、ついにお休みをいただきました。自分では若いつもりでも疲労が蓄積されていたのでしょうか? 主治医には「急性の胃腸炎じゃないかな?」と診断され点滴をうって帰宅しました。f0118184_1346317.jpg
 久しぶりに心細いくらいに体調を崩し、この時ばかりは保健室にやって来る生徒達にはうーんと優しくしてあげようって思いましたが。咽喉もと過ぎれば・・・と言います、みんな羽目を外し過ぎないようにね。長い間この仕事をやっていると、「ずるやさぼり」は、解っちゃうんだよ。休み明けは要注意だよ。   
[PR]
by ryu-hoken | 2007-07-27 13:49 | メルマガ風に

 昨日で竜谷祭が終了しました。各クラスがメニューを考え、仕入れをし、自分達で調理をして出店(焼き鳥・ホットサンド・クレープ等)を出したり、自宅で使用しなくなった物を持ち寄り、フリーマーケットを開くなどして、1日中賑わいました。私の担当は、食中毒の予防のため、クラスのメニューを保健所に提出し、指示・指導を受けて、それを持ち帰り各クラスに指導するというものでした。会場を回ってみましたが、どのクラスも、十分注意をはらって食材を管理・調理していたので安心しました。しかし、生徒会担当の教員や生徒会運営委員がゴミの分別・回収に当たってくれていましたが、外部からのお客様も大勢いますし、ゴミの減量化、分別は今後も難しい課題だと感じました。
f0118184_15342549.jpg

 今日は汚れた教室を大掃除し、振替休日をはさみ、夏休みを迎えるばかりとなるはずでした。しかし、大変嬉しい野球部の北大会勝利を受けて、明日から全校応援となりました。竜谷祭のあのパワーを全校応援にも向けて、精一杯応援したいと思っています。
[PR]
by ryu-hoken | 2007-07-17 15:36 | メルマガ風に

舞龍伝終了 

竜谷祭1日目舞龍伝が終了しました。感激・感動が未だ続いています。クラスで揉めに揉めて、投げ出してしまいたい事もあったことでしょうが、どのクラスも練習の成果を十分発揮してくれました。特に3年生は最後の学校祭。趣向を凝らし、精一杯の演技終了後は、どの顔も満足感で輝いていました。「うちの子達は、やる時はやるんだ。」私も誇らしい気持ちで一杯です。3年D組は今話題の「BILLY'S BOOT CAMP」に挑戦していました。私も練習から参加させてもらえばこの夏、どうにか間に合ったのでしょうか?f0118184_1434599.jpg
[PR]
by ryu-hoken | 2007-07-15 14:37 | メルマガ風に

学校祭準備真っ盛り

7月15日・16日は第47回竜谷祭が開催されます。生徒達は暑い中、舞龍伝(クラス対抗、ダンス・パフォーマンスコンテスト)や、クラスイベントとしての出店の準備におおわらわのようです。クラス毎に、Tシャツやポロシャツを作り、準備段階から盛り上がっています。後になれば、思い出深い楽しい学校行事も、その真っ最中は、真剣に取り組むあまり、意見が衝突し喧嘩をしたり、つらさのあまり涙を流して愚痴をこぼしたり、ダンスで張り切りすぎて、筋肉痛を訴え湿布やエアーサロンパスを求めてやって来たり。普段の生活とは違った形で保健室もぎわっています。私も当日の子供達の活躍を楽しみにしています。f0118184_174267.jpg
[PR]
by ryu-hoken | 2007-07-12 17:04 | メルマガ風に

 6月29日、7月1日と野球の全校応援が行われました。攻撃時は全校生徒が立って、メガホンを打ち鳴らし声を限りに叫びつづけました。ブラスバンドは休むことなくF先生の指揮の下、楽器に想いを込めて。柔道部員は、大きな応援団旗を汗まみれになりながら、振りつづけていました。グラウンドとスタンドが一体になり、勝利に向けて頑張っている姿は清々しく、胸に迫るものがありました。応援の甲斐があり、勝利し支部代表校となりました。これからは北北海道大会、強豪ひしめく中で暑さや、疲労、大きなプレッシャーもあると思いますが、これまで闘ってきた他校の生徒の分も頑張ってもらいたいです。
f0118184_1223472.jpg
今回も心配性の養護教諭は大きな荷物持参でした。氷嚢・冷えパック・お茶・救急鞄一式、その他自分用の座布団・日除けのタオル・雨合羽、見学旅行引率かと見紛うばかりのいでたちでした。しかし体調を崩す生徒もいなく、一安心。大きな「お守り」と思いこれからも、バッグを担いで応援に臨みます。
[PR]
by ryu-hoken | 2007-07-03 12:25